りーじあ海外life❤︎

過去の海外留学、ワーホリ、台湾生活や国際結婚についてゆるーく綴ります。

台湾人と国際結婚〜入籍編in台湾〜

こんにちは。りーじあです!
前回からだいぶ空いてしまいましたが、今日は台湾での婚姻要件具備証明書取得から入籍までの様子を書いていきます!

f:id:SHOKOchang:20211027021434p:plain


======================================
          𝕔𝕠𝕟𝕥𝕖𝕟𝕥𝕤

======================================

婚姻要件具備証明書取得

前回の記事でも書いたように、婚姻要件具備証明書を台湾で取得することにした私たち。日本の私の戸籍謄本とパスポートを持ち、いざ日本台湾交流協会台北事務所へ向かいました。

日本台湾交流協会台北事務所での手続き

到着すると、まずは申請書に記入をします。簡単な内容なのですぐに記入できます。その後、窓口で婚姻要件具備証明が欲しい旨を伝え申請書、戸籍謄本、パスポート(コピーも)提出。
事務所内にはまぁまぁ席が埋まるほどの人がいましたが、ほぼVISA関係で待ってた方が多かったようで、私たちはすぐに順番が来てあっという間に無事取得することができました。
ちなみにスタッフの方は日本語を話せますので、1人でも安心して行けると思います。

婚姻要件具備証明書に認証を受ける

婚姻要件具備証明取得後は、書類の認証を受けなければいけません。交流協会事務所から少し離れた場所にある外交部領事事務局へ向かいます。
ここは様々な手続きをする場所なので多くの人がいましたが、私たちの手続き自体は30分かからずして終わりました。
2日後に来るよう時間とともに言われます。

ちなみに交流協会事務所は1人でも大丈夫と書きましたが、ここの方たちは日本語は話せない様子でしたので、とても私だけでは無理だったなと思いました(笑)

そして2日後、無事に認証済の婚姻要件具備証明書を取得できました!

入籍手続き

さて、いよいよ入籍です!
入籍する地区の戸政事務所へ向かいました。そして到着して人の多さにびっくり!やはり市役所というのは台湾も日本も同じですね。とんでもない人数が待っていました(汗)

整理券を取ってから近くのコンビニで時間を潰し、30分以上経ってようやく窓口へ呼ばれました!ここでも2枚ほど書類を書きますが、私は言葉も分からないので職員さんと彼の言われるがまま…(笑)心配していた名前も、無事に私は日本の漢字の名前をそのまま申請することができ、これで晴れて夫婦となりました。•*¨*•.¸¸❤︎

ちなみに待ち時間ですでに30分以上経っていましたが、手続きも30分以上かかりました。

それから日本での入籍手続きのために必要な結婚証明書と戸籍謄本をもらい、夫のIDカードを書き換える作業などでさらに30分くらい。
トータル2時間弱かかりました。

最後に面白いなと思ったことが、台湾では地区によって異なるようですが、記念品を貰えることが多いようです。(私調べ)私たちも結婚に纏わる記念品を頂きました。これは良い思い出の品になりそうですよね。


以上、簡単でしたが台湾での入籍手続きの様子となります!
もしこれから台湾の方との結婚を考えられている方の参考に少しでもなれたら嬉しいです。





↓↓↓海外渡航時、一時帰国時によく利用しています!







台湾人と国際結婚〜書類準備編〜

こんにちは。りーじあです。

さて今日は、台湾人夫との結婚手続きについて書こうと思います。

f:id:SHOKOchang:20211026161105j:plain

私が結婚したのは今からもう約2年前。少し記憶もあやふやですが…
そして2年前と現在では手続きする上での方法が変わっている部分もあるかもしれません。ですので、参考程度に見て頂ければと思います(^ ^)



それではいきまーす⇨⇨⇨

======================================
          𝕔𝕠𝕟𝕥𝕖𝕟𝕥𝕤

======================================

台湾先行?or日本先行?

台湾人と結婚する上でまず決めなければいけないこと、それは台湾先行にするか、日本先行にするかです。

どちらを先行にするかで、少し準備する書類が変わってきます。私たちは台湾先行で行いました。理由はそのとき私が色々調べたり沢山の方のブログも参考にさせて頂いた結果、日本先行のほうがやや面倒くさそうな感じがしたからです(笑)
そのためこちらのブログで紹介させて頂く方法は台湾先行での方法です。

必要書類の確認・準備

どちらを先行に入籍するかを決めたあとは、必要書類の準備に取り掛かります!私はまず、日本で入籍する予定の役所へ必要書類の確認をしました。

日本入籍時の必要書類

日本の市役所から伝えられた必要書類(台湾先行の場合)は以下です。

  • 婚姻届 (証人欄不要、彼は印鑑不要)
  • 台湾の入籍済みの戸籍謄本(日本語訳)
  • 台湾の結婚証明書 (日本語訳)
  • 身分証明書(彼はパスポート、私は免許証等)
  • 私の日本の戸籍謄本(本籍が違う場所で提出する為)

台湾での入籍時に私(日本人側)が準備する必要があると言われたもの。

婚姻要件具備証明書について

この婚姻要件具備証明書を取得するための手続きは、台湾でも日本でもできます。私もどちらで取得するかとても悩みました。

日本の台北駐日経済文化代表処で先に手続きをしておけば、渡航後の手続きがスムーズに進むのではないかと思います。
しかし当時の私にとって1番ネックだったのが、戸籍謄本を中国語訳しないといけないこと!!当時の私は中国語レベル皆無でしたので、無理はせず台湾で取得することに決めました。

そしてこの婚姻要件具備証明書を取得するために、日本の戸籍謄本が必要となります!!こちらは中国語訳は不要とのことでした。

その他準備するもの

結婚書約

結婚書約は日本でいう婚姻届のことです。日本でもインターネット上や雑誌の付録などで可愛い婚姻届を手に入れられると思いますが、台湾も同じ!
インターネットで検索すると様々なデザインのものが出てくるので、気に入ったものを自分たちで印刷すれば大丈夫です。また台湾では日本と違い、提出した結婚書約は手元に戻ってくるので、ぜひ気に入ったデザインを見つけてください!

ちなみに台湾の婚姻届である結婚書約は記入する内容も少なく簡易なもの(のように感じる)ため、本当にこれで結婚できるの…?と、初めて見た時は驚きました(笑)



以上うろ覚えで申し訳ないですが、とりあえず書類編となります☆


次回は手続き編を書いていきます◡̈




↓↓↓海外渡航時、一時帰国時によく利用しています!







ブログ始動

はじめまして。

台湾人の夫をもつりーじあです☆


長い遠距離恋愛を経て、ただいま結婚2年目。
これまでたくさんの国へ旅行行ったり、海外留学やワーホリを経験しました。そして今は夫の国で生活中。
そのときに学んだことや感じたこと、楽しかったことや日々の些細なことも含め、記録に残しておきたいと思ったので、ブログを始めてみました。

過去の旅行記録は今とは変わっていることもあるかと思いますが、自分の記録兼、誰かのお役に立てたら嬉しいなと思います❤︎

よろしくお願いします。

f:id:SHOKOchang:20210926233708j:plain